【組合員の皆様へ】石綿(アスベスト)の有無の事前調査結果の報告が施工業者の義務になります
令和4年4月1日以降に着工する一定規模以上(※1)の工事から、建築物・工作物などの解体・改修工事・各種設備工事等を行う際に、施工業者(元請事業者)が、厚生労働省が所管する石綿障害予防規則に基づき労働基準監督署と大気汚染防止法に基づき自治体の両方に対して、事前調査結果の報告を行う必要があります。
※1 石綿の有無によらず以下のいずれかに該当する場合には報告が必要です。
@ 解体部分の延べ床面積が80u以上の建築物の解体工事
A 請負金額が税込100万円以上の建築物の改修工事
B 請負金額が税込100万円以上の特定の工作物の解体または改修工事
C 総トン数が20トン以上の船舶(鋼製のものに限る)の解体又は改修工事(※令和4年(2022年)1月13日厚生労働省令第3号により追加)

詳しくは、総合情報ポータルサイト(厚生労働省)をご覧ください。
■ リンク:厚生労働省(石綿総合情報ポータルサイト)
 
労働保険の年度更新手続等について
一括有期事業報告書は下記からダウンロードしてお使いいただきますよう、よろしくお願いいたします。
■ 添付ファイル:一括有期事業報告書
 
令和2年度第二種電気工事士筆記試験(上期)受験準備講習会の中止について
 (一社)電気技術者試験センターから発表された令和2年度第二種電気工事士上期筆記試験の中止に伴い、本組合で開催予定の令和2年度第二種電気工事士筆記試験(上期)受験準備講習会を中止することといたしました。受講をご希望の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
 また、既にお申込いただきました皆様には別途連絡をいたしましたので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。
 
令和2年度第二種電気工事士上期筆記試験(5/31)の中止について
 (一社)電気技術者試験センターが令和2年5月31日(日)に実施予定の、第二種電気工事士上期筆記試験につきましては、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、試験の中止が発表されました。
 中止に伴う対応は下記のとおりとなります。

1.中止に伴う対応
 次の@かAになります。
 @上期試験の申し込みを、下期に予定している試験へ自動的に振り替える。
 A受験せず返金を希望される方には、受験手数料を返還する(返金手続きを行わない場合は、
 自動的に下期へ振り替えられます)。
  受験手数料の返還の詳細につきましては、決まり次第試験センターのホームページで公表いたしますので、下記URLをご参照ください。

2.その他試験の日程
 第一種電気工事士試験、第二種電気工事士下期試験、電気主任技術者試験の日程は、今のところ予定通りです。

 その他お問合せにつきましては一般社団法人電気技術者試験センターへお願いいたします。
■ リンク:一般社団法人電気技術者試験センター